★ドッグトレーナーコースの採血実習~その②★

昨日に続いて、今回もドッグトレーナーコースの動物看護実習の様子です。

これは、ワンちゃんが暴れて噛んだりしないように・・って優しく包帯を巻いてあげてます。

ワンちゃんの健康のためだから・・ワンちゃんに負担がかからないように素早く処置してあげましょう(^<^)

そして、先生のお手本。興味津々です!これが勉強だね(^○^)

さぁチャレンジしてみよう!でも針を使用せずに行ってみましょう。

親指の第一関節と第二関節の間って並行でしょ・・そこをうまく利用して注射器本体を固定させましょう。

獣医師の立場に立ってみないと、動物看護師にどうして欲しいのかわからないですよね・・。

だから日本動物はこうした獣医師目線での実習も大切にしているのです!

どの学生も真剣に技術を身に付けようとしています。

こうしてドッグトレーナーコースの学生たちは専門知識+多彩な知識を身に付けて社会に飛び立っていくのです(^^♪