★動物看護実習~やっぱり保定は大事・続編★

昨日に続いて、動物看護師の保定の役割を紹介しますね(^v^)

臥位・・難しい漢字ですね(^_^;)「がい」って読みますが、人や動物が寝た姿のことなんです・・

臥位は向きによって呼び方が異なります。←の画像は横になっているので横臥位(おうがい)。左側を下にしているので、左下横臥位(^J^)

これは仰臥位(ぎょうがい)といいます・・あおむけってやつですかね(^_^;)

腹臥位(ふくがい)です。うつぶせって言うかな・・(^_^;)

なにやら、あやしげな包帯が出てきましたが・・

ワンちゃんが心配しないように、優しく声をかけながら顔周辺に巻いていきます。

口元に巻いているのですが、元気いっぱい過ぎるワンちゃんにはこうした処置も必要ですね・・

医療器具をかんでしまってワンちゃんがケガしてしまってはかわいそう(^_^;)だから、ワンちゃんのためなのです・・

話は「臥位」に戻りますね。そのほかにも起立位(立ったままの状態)や犬座位(オスワリの状態)などがあって、レントゲンでも使う言葉ですヨ