ペットケア&セラピー実習

ペットケア&セラピーは、人とペットとのいやしのコミュニケーションです。

こういうことをやってるよ

  • ペットセラピー

    ペットセラピーイメージ

    ペットセラピーとは、ペットふれ合って「いやし」を感じることが、さまざまな病気の回復に役立つとされ、現在脚光を浴びている動物介在療法です。本学では学生たちが学校のセラピー犬とともに老人ホームなどに定期的に訪問して、福祉ボランティア活動を兼ねた実習を行います。

  • ペットセラピーイメージ 福祉ボランティア活動イメージ
  • ペットマッサージ

    ペットマッサージイメージ

    ペットの健康管理やコミュニケーションの面からも注目されているペットマッサージを、犬の筋肉や骨格など身体の仕組みを理解しながら実習します。同じ目線に立って、やさしく声をかけながら、まず頬や首、頭をそっとなでます。身体を触られることに慣らすことは、しつけにも効果的です。

  • アロマセラピー

    アロマセラピーイメージ

    人間と同様、精神的なストレスはペットにとっても大病のもと。そんなペットのメンタルヘルスケアにも効果を期待されているアロマセラピーを学びます。自然の香りを使って犬たちのリラクゼーションとストレス解消をめざし、アロマを介した「いやし」のコミュニケーションを図ります。

集合写真

ペットセラピー活動で、
杉並区から表彰

本学では毎月、学生が犬を連れて地域の特別養護老人ホームを訪ね、ペットセラピーのボランティア活動を行っています。訪問先の施設から、犬たちのふれ合いが入所者にもたらす精神的影響は大きいと推薦をいただき、杉並区の「青少年表彰」を受けました。表彰当日は、学生有志が数頭のセラピー犬たちと参列しましたが、2時間の表彰の間もワンちゃんたちはおとなしくしており、他の参列者の方々からも注目の的でした。