ドッグトレーニング実習

やさしさと厳しさのバランスを取りながら接することがトレーニングの基本です。

こういうことをやってるよ

  • アジリティ

    アジリティイメージ

    アジリティとは、犬が障害物をクリアしていく競技種目です。障害物を「跳ぶ」「くぐる」「登る」を行う、親密さの高いドッグスポーツです。初めは一緒に遊びながら、おもちゃなどで気を引いて障害物をクリアさせます。最初はごほうび目当てでも「平気だよ、楽しいよ」と伝えることが大切です。最後に、失敗で終わらせると怖い印象が残るので必ず成功して終了します。

  • オビディエンス(しつけ)

    オビディエンス(しつけ)イメージ

    しつけの目的は、他人に迷惑をかけず、犬が人間社会に溶け込めるようにすることです。まず一緒に遊び、訓練する犬と人間の距離を縮め、呼んだら来るなどの基礎訓練をし、「待て」「座れ」などの基本的な動作、散歩の仕方を教えます。指示や命令ははっきりサインを出し、フードやおもちゃなど犬が興味を引くものをごほうびに用意します。集中させるのは難しいですが、命令を理解してくれたときの喜びは大きいです。

イベント競技会風景

イベント競技会に
サポート役として参加

犬と人にとって、もっと暮らしやすい社会のために、犬にも人にもマナーが必要になります。一歩外に出ると、人や犬、動物、車、騒音など犬への誘惑がたくさんあり、その中で、犬の気持ちをしっかりとコントロールして、マナーよく快適に愛犬と行動するためにも「しつけ・教育」が重要視されます。その「しつけ・教育」の一環として「オビディエンス競技会」「アジリティ競技会」「K9フリースタイル」など、様々なイベントが各地で開催されています。たくさんの愛犬家と犬が、安全にまた快適に競技に参加できるように、有志の学生がイベントのサポート役としてお手伝いに参加し、競技にも積極的に参加しています。